Python Webアプリ開発
Python Webアプリ開発

「Python Webアプリ開発」詳細

「Python」のphoto
PythonはPC上で動作するアプリケーションだけでなく
「検索エンジン」や「SNS」や「オンライン・ショッピング」のような
Webアプリケーションを構築できます。

PythonによるWebアプリケーションは
サーバ側のPythonの技術のひとつである「Django(ジャンゴ)」を利用し構築することができます。

検索エンジンのように
入力したキーワードによって検索結果が異なるページを表示されるのは
サーバ側で動作するプログラムにより実現されています。

サーバ側で動作するプログラミング言語は多々ありますが
この講座では
「Python」や「Django(ジャンゴ)」の基本的な利用方法から
動的なWebアプリケーションを作成するまでの知識を習得できます。

「Python Webアプリ開発」では
Webアプリケーション開発の基礎知識
Django(ジャンゴ)によるWebアプリケーション開発方法
MTVモデル
セッション管理
ログイン処理・ログアウト処理のシステム開発方法
などを習得し、Webアプリ開発に必要な知識を身に付けられます。

難関ですが、わかりやすく解説しています。
大きな目標へ一歩前進できます!

Webアプリケーションからデータベースを利用する手法を習得したい方。
将来の目標としてホームページやWebアプリケーションを作りたいと思っている方。
システム開発の仕事に就きたいと思っている方。
スキルアップを計りたい方。

大きな目標への第一歩となるコースです!
じっくり学習できる内容になっていますので、是非トライしてみてください!

「Python Webアプリ開発」コース詳細


コース概要 Django(ジャンゴ)を使用してPythonによるWebアプリ開発技法を習得する。
対象者 ・PythonによるWebアプリ開発技法を習得したい方。
※「Python基礎」と「Pythonオブジェクト指向」の知識必要
習得目標 ・Webアプリ開発の考え方が理解できるようになる。
・Webアプリの開発方法がプログラミングを通じて理解できるようになる。
・Django(ジャンゴ)によるWebアプリ開発を行うための手法を理解できるようになる。
受講期間 12時間
※講義実施日は、平日または土日を選択できます。
※1日の講義時間は、09:00~21:00の間で3~6時間を選択できます。
教材 ・Python(Webアプリ開発)スライド(PDF版)
・サンプルプログラム
・章末問題と実習問題
※教材関連は全てIT研究所が制作したものです。
受講料 【リアル講義】80,000円  【オンライン・ライブ講義】40,000円
※リアル講義は、会社会議室、貸し会議室などで実施いたします。
※オンライン・ライブ講義は、「Googleハングアウト」で実施いたします。
受講可能人数 【リアル講義】会議室に入れる人数  【オンライン・ライブ講義】9人まで
※「Googleハングアウト」は同時接続が講師を含め最大10人になります。

「Python Webアプリ開発」講義内容

【講師】荒川栄一郎
第1章
Webの概要
1.1 Webシステムの仕組み
1.2 HTMLって何?
1.3 WWWって何?
1.4 HTTPって何?
1.5 URLって何?
第2章
Webアプリケーション
2.1 Webアプリケーションって何?
2.2 静的コンテンツと動的コンテンツ
2.3 Webアプリケーションの環境構築
第3章
サーバサイド技術
3.1 Webシステムの構造
3.2 HTTPリクエストとHTTPレスポンスって何?
3.3 PythonによるWebアプリ開発環境
第4章
開発方法
4.1 Webアプリケーション開発の環境設定
4.2 はじめてのWebアプリケーション
第5章
データ通信
5.1 フォーム送信の仕組み
5.2 データを受信しよう!
第6章
Djangoの基礎(1)
6.1 Djangoって何?
6.2 MTVモデルって何?
6.3 Djangoを使ってみよう!
6.4 Djangoアプリを作ろう!
第7章
Djangoの基礎(2)
7.1 テンプレートって何?
7.2 テンプレートで制御構造を使ってみよう!
7.3 テンプレートを継承しよう!
第8章
Djangoの基礎(3)
8.1 Djangoのデータ通信
8.2 Djangoフォーム
第9章
Djangoの基礎(4)
9.1 モデルって何?
9.2 モデルを使ってみよう!
9.3 モデルを使ったWebアプリを作ろう!
第10章
セッション管理
10.1 セッションって何?
10.2 セッション管理
10.3 セッションを使おう!
第11章
システム開発
11.1 ログイン機能とログアウト機能
第12章
セキュリティ対策
12.1 セキュリティ対策って何?
12.2 クロスサイト・スクリプティング
12.3 SQLインジェクション
12.4 セッション・ハイジャック

受講までの流れ

①受講申込み
会社名、受講者数、受講希望日、受講スタイル(オンライン講義・オフライン講義)などの必要情報を入力し
まずは受講申込みを行ってください。

②見積書と受講者記入表の送付
受講申込み内容から見積書を発行し、メールでお申し込みいただいた会社様に送付いたします。
また、その際に受講者記入表を送付いたします。
オンライン講義の場合は、「Googleハングアウト」を使用しますので、受講者のGmailアドレスをご記入いただきます。

③発注
受講者記入表に受講者名・生年月日・性別などを入力し返信してください。
受講者記入表をいただいた時点で、正式にお申し込みいただいたこととします。

④請求書の送付
請求書を発行し、メールでお申し込みいただいた会社様に送付いたします。
請求金額を指定の口座にお振込みいただきます。(振込手数料は別途必要となります。)

⑤受講に関する詳細情報のお知らせ
教材(テキスト、サンプルプログラム)を事前に指定URLからダウンロードしていただきます。
必要ソフト(Anaconda、エディタなど)を事前にセットアップしておいていただきます。
テキストは、スライド(PDF版)で提供いたします。

⑥受講開始
お申し込みいただいた講義を実施いたします。

受講するために必要なもの

リアル講義(オフライン講義)でもオンライン・ライブ講義(オンライン講義)でも事前準備が必要です。

【共通】
・PCは受講者が各自準備してください。
・必要なソフトなどは事前にお知らせしますので、ダウンロードおよびインストールを行ってください。
・講義で使用する教材は、事前にURLをお知らせしますのでダウンロードを行ってください。

【リアル講義(オフライン講義)】
・講義を行うための場所(会議室、貸し会議室など)を確保してください。

【オンライン・ライブ講義(オンライン講義)】
・Googleアカウントを取得し「Googleハングアウト」が利用できるようにしてください。
・顔出しがOKの場合は、Webカメラが利用できるようにしてください。
・講義を聴講できるようにヘッドフォンが利用できるようにしてください。
・質問などができるようにマイクが利用できるようにしてください。

「Python Webアプリ開発」お問い合わせ

疑問点やご不明な点などがございましたら、ご連絡ください。
●お問い合わせはこちらからご連絡下さい。
●電話でのお問い合わせは03-6303-5506までご連絡下さい。